Program

想いを共有するロゴマーク制作

ロゴマークは会社のブランドイメージの核になるものです。
団体“らしさ”を発信するためのマークを創ります。

助成団体数 1団体
■ 制作事例 日本視覚障害者柔道連盟様
Branding

■ 展開例
Branding
ロゴマーク制作

50万円相当

ソーシャルセクターで活躍する団体は、多様な個人や団体と協働しながらビジョンの実現に向けて取り組むことが大切だと考えています。ロゴマークは、そのシンボルとなるもの。まずは団体さまの理念や今後の理想の社会像などをヒアリングさせていただき、想いを共有いただいた上で、アイデンティティとなるロゴマークを作成させていただきます。

こんな団体におすすめです

  • ビジョン実現に向けて本気で活動している
  • 今後もっといろんな個人・団体に知ってほしい、協働したい
  • 団体イメージを社内外問わず統一させたい

助成条件・制作に関するご留意事項

交通費のご負担について 打ち合わせのための交通費は、助成団体様にご負担いただきます。 当団体事務所で行う場合やオンラインで行う場合は無料です。
今回の助成の範囲について ロゴマークを使用したチラシその他の広報物のデザインは助成範囲外です。有償で別途承ることも可能です。
事例紹介としての使用許可について 助成団体様には事例紹介として弊社で紹介させて頂きます。
助成後、インタビューのご協力について 助成後、SOCIALSHIPの助成実績 および 助成会社の事例紹介のためのインタビューやアンケートにご協力をお願いします。

助成会社について

NPO法人Co.to.hana

NPO法人シミンズシーズ

NPO法人Co.to.hana

Co.to.hanaは、デザインの力を信じ、デザインで課題解決に取り組むNPO法人です。

メッセージ|MESSAGE

社会との素晴らしいコミュニケーションを生んでいくために


私たちは社会を変える
伴走者であり、実践者である
この言葉はコトハナを立ち上げた時から掲げている私たちのミッションです。


日本は課題先進国と言われるように課題が山積しており、 少子・超高齢・人口減少社会という、いまだかつて世界が経験したことのない状況にあります。 この状況を打開するために、私たちデザイナーが社会のためにできること、 やるべきことはたくさんあると考えています。


ロゴマークは団体を象徴するものであると同時に、活動や想いの全てを集約した重要なコミュニケーションツールだと思っています。いいロゴマークは、団体さまが活動していくなかで、社会との素晴らしいコミュニケーションを生んでいけると思います。ソーシャルセクターにこのような考えを広げることで、より良い社会づくりに貢献できたらと考えています。

デザイナー芝田陽介

NPO法人 Co.to.hana 代表理事 西川 亮

事業紹介|BUSINESS

デザイン

法人のブランディングを中心に、チラシや法人案内パンフレット、事業報告書、webサイト、空間デザインなど、幅広いデザインを行なっています。

ブロジェクト

社内のスタッフが、実際に多様なステークホルダーと協働しながら社会課題の解決に向けて取り組みます。そこで得たノウハウを、デザインをご依頼いただいた法人さまに共有・ご提供しています。

デザイン研修

自団体の活動を促進するためのデザイン、広報の考え方をお伝えする講座を開催しています。ビジョン、ミッションを整理するためのワークショップも実施しています。

pagetop